カナダ留学・ワーホリカナダ専門 現地無料留学エージェント

あなたの「夢をかなえる場所」

image

ワーキングホリデー

【ワーホリ仕事】【スタバ/バリスタ】「苦戦しましたが、結局必要なのは慣れなんだと思います。」

【ワーホリ仕事】

Hiroki Watanabe
出身:神奈川県
年齢:22歳

【職場:スターバックス】
【職種:バリスタ】

「苦戦しましたが、結局必要なのは慣れなんだと思います。」

  

語学学校を卒業した後、すぐに働きたかったのですが、SIMがなかなか発行されず…。

卒業後一ヶ月くらい何もしない期間を過ごしました。笑 その間、どんな仕事があるかなぁと考えていましたが、自分にできそうな仕事が日系のお店かカフェしかないかなと思い、やはり英語環境が好ましかったので、カフェを中心に求職することにしました。

SIN取得後、カフェの中でもカナダでは本当に多くの店舗があるスターバックスにアプライしました。日本にいたときにも働いてみたいと思っていたのが大きな理由ですが、ネットアプライ、スタバの公式サイトからなのでレジュメを店舗に落とす必要がなかったのも個人的に良かったです。

アプライの二日後くらいに1つの店舗から電話があり、その翌日に面接をしてもらいました。面接の最後に「ようこそ!」と言われ、最初のオリエンテーションの日程を知らされました。運良く、その場で職を得ることができました。

自分が働いているところは、フランチャイズ店舗なのですが、初日はその会社のオリエンテーションでした。同じ会社が運営する他の飲食店の方とも一緒に6人ほどでのオリエンテーション。用紙に個人情報を書いたり、会社の歴史、注意事項など基本的なことしかやらなかったのですが、周りは全員がネイティブスピーカーで、周りについていけず本当にしんどかったことを覚えています。その日は頭痛がひどかったです。その次のオリエンテーションはスターバックスについての研修。

スターバックスの歴史、コーヒー豆の種類、衛生管理や職場での事故防止などの注意事項を知らされました。数時間のビデオと何百枚のスライドを見せられ、頭痛が半端じゃなかったです。

三回目から本格的にバリスタになるためのトレーニングが始まりました。レシピを見ながら、大量にあるレシピの作り方の説明を3時間ほど受けたり、レジやドリンクを作ること以外にどのような仕事をするのかも知らされました。この日に関しては、ついにスターバックスのお兄さんになれるんだと結構ウキウキしていたと思います。笑 

そして4回目、ついにお店の中に立って初めてドリンクを作りました。最初はエスプレッソマシーンの使い方、ミルクのスチームの仕方などを習い、ラテやカプチーノなど比較的手順の少ないドリンクを実際に作りました。その日の最後には、実際にカスタマーに提供してみようということになり、お客さんのためにドリンクを作ったわけですが、それまでの練習とは全く異なりとっっっっても緊張しました。

でもお客さんはとっても優しくて、あなたはよくやってるわよ!だとか、ちゃんと作れてるかしっかり見ててやるよと冗談交じりに言われたり、現地の方の優しさに触れた瞬間でした。勤務後はやっぱり頭が痛かったですけどね。笑

  

こんな感じで、バリスタのトレーニングが始まったわけですが、二週後くらいについにキャッシャーのトレーニングも始まりました。

まず苦戦したのはコイン。日本にはない25セントや切り捨て切り上げの仕組みに慣れるのがほんとに大変で。。。てかまだ慣れてないです。笑

そして何より大変なのが英語。複雑なドリンクのカスタムをキャッチすることはわりとできたのですが、このドリンクってどんななの?とか、〇〇ある?とか他にもいろいろたっっっくさん、言ってることを理解するのも、自分が伝えたいことを英語にするのもそれはそれは難しくて…。ドリンク作りの何倍もキツかったです。今もキツイ。笑

とは言いながらも働き始めてから少し経って、なんとかひとり立ちして、楽しくお仕事をさせてもらっています。お客さんや同僚とお話したり、英語を教えてもらったり、素晴らしい経験ができているなとつくづく感じています。キツかったことばかり羅列しましたけど、結局必要なのは慣れなんだと思います。

上司や同僚、カスタマーが言っている英語も最初は理解出来なかったけど、今はやるべきことがわかるから理解できる、なんてことがほんとに数え切れないほどあります。

もしカナダのスターバックスで働いてみたい方がいたら、ぜひ積極的にアプライしてみてください。

今はとっても便利な時代で、何人もの先輩方がネット上に色んな情報を残してくれています。笑 日本ではスターバックスはおろか、飲食店でも働いたことなかったのですが、そんな自分でも面接をパスしましたし、その後もなんとかなってます。

でも実際に経験があったら、スタートダッシュを決めることができるという意味で有利だと思います。英語に関しては、語学学校の中級レベルであった自分でもなんとかなってるので、本当に必要最低限の英語を備えていればなんとかなりますきっと。笑でも英語もあるに越したことはないですほんとに。

こんなアドバイスできる立場でもないのですが…。笑
カナダでのスタバライフ一生懸命楽しみたいと思います!

 

[他の人のスタバ記事を見る(Haruna.H)]