30歳からの大人留学

30歳からの大人留学
今だからできる私の留学 『大人留学の真実』 が知りたい!

30歳からの大人留学
30歳以上で留学する。社会経験をした今だからできる留学が人気です。大人の自分らしい留学スタイルや体験談をお届けします。

下の写真をクリックして覗いてみよう・・・!?



-------ワーホリビザ(大人の31歳のワーホリ留学)-----------------

Hirohito31歳カナダ留学
Hirohito Nakagawa
出身地:熊本県
年齢:31歳

ワーホリビザ


『僕の留学のタイミングは今のタイミングがベストだと思っています。』
『「人生は短い」最高な人生を送るために留学を決めました!』

Hirohito31歳カナダ留学

Hirohito31歳カナダ留学


-----渡航:2018年4月頃 -----

~ ワーホリビザ ~

(留学に行くまでの自分)
私は日本の同じ会社で9年間仕事をしていました。私は海外旅行が趣味で仕事が休みになると一人で海外によく行っていました。20代前半の頃に漠然と「海外で生活してみたい」と思うようになっていきました。しかし仕事が忙しいことを理由になかなか夢を実現することが出来ませんでした。それに会社では9年間勤めていたのである程度仕事も安定していて、このまま続ければ良いポジションにいける話も頂いていました。しかし自分の中ではいつか海外に行くと決めてはいたんですがズルズル時は経ってしまいました。ワーホリビザの申請時の年齢が31歳になる前に仕事は続けていましたがとりあえずビザだけは取っておこうと思い31歳になる前にギリギリにカナダのビザをなんとか取得することが出来ました。そしてさらに時は経ち、いよいよビザ有効期限の一年が間もなく来る頃、このままこのチャンスを逃したら一生後悔すると思いついに会社を辞める決意をし、カナダ行きを決めました。

私が好きなスティーブ・ジョブズのこんな言葉があります。
「大切なのは、自分の心と直感に従う度胸である。君は自分がどうしたいか既に知っている。
他のことは二の次でいい。」

まさに「これだ!」と思い、会社を退職しカナダに行く準備を始めました。
ご縁がありCHIBI CANADAさんにお世話になり、私は全く英語力が無かった為学校に通おうと思い学校やらホームステイやら色々相談に乗って頂き準備を進めていきました。

(カナダに行く前の3ヶ月)
(フィリピンセブ島で語学留学)
私は海外旅行には良く行っていたんですが英語はトラベル英会話くらいしか出来ず、全く英語が喋れませんでした。そこで私はカナダで少しでも生活が楽になるようにフィリピンのセブ島に語学留学に行きました。しかし、とても楽しい留学だったのですが残念ながら英語力が伸びた気がしませんでした。

(2018年4月9日~)
到着から5日目に学校が始まりました。
クラス分けのライティング&スピーキングテストもさっぱり分からず…ちーん。。。。。
もちろん1番初心者クラスに決まりました!クラスメイトは日本、韓国、ブラジル、チリ出身男女合わせて12.3人で年齢も10代から60代くらい。夫婦で親子で留学したり、本国でお仕事をリタイアして留学したりなどなど期間も理由も様々。なるほどね~!日本じゃ考えてもみなかった理由が私にもう世界の広さを教えてくれました。いいね!!

Hirohito31歳カナダ留学

Hirohito31歳カナダ留学

(2018年7月8日カナダ入国)
ワーホリビザが失効になる2018年7月11日、2日前になんとか入国出来ました。本当のギリホリです。カナダでの生活は何もかもが新鮮でやっと自分の夢が叶った実感と何でもやってやるというエネルギーで溢れていました。現在、学校が始まり国際色豊かな学校で勉強を頑張っています。これが私の望んでいた留学スタイルだなと今実感しています。英語力はまだまだですが徐々に相手の言っていることがわかり、自分の思いも片言ですが伝えられるようになって来ています。
今後はさらに英語力をレベルアップしてカナダで仕事をしたり、バンクーバーを拠点に、色々な国に旅行に行きたいと思っています。今の私は可能性は無限大だと思っています。笑

(最後にメッセージ)
最後に世間から見たらきっと30歳からの留学なんて遅いって思っている方が沢山いらっしゃると思います。
しかし私は全然そんなことは思っていなくて、これが今の自分の留学するタイミングだったんだなって思っています。
むしろ今まで長く生きて来た分の社会人経験や出会い、財力を活かし、回り道をせずにやりたい事が明確に出来ると思います。
きっと私みたいに海外に行きたいけど、なかなか踏ん切りがつかない人が沢山いらっしゃると思います。30歳だから遅いってことは絶対にないです!友人、知人に「仕事辞めて海外に行くの勿体無い」とか言われるかもしれませんが、チャレンジできる環境がそこにあるのにそれにチャレンジしない方が私はよっぽど勿体無いような気がします。何かを捨てなきゃ新しい事は入ってこない!自分自身に投資ができる事って最高な事だと思います。
もし悩んでいるなら相談だけでもCHIBI CANADAさんみたいなエージェントに相談してみてください。私がしたように!
人生は本当に短いです!一度きりの人生後悔しないようにこれからも私は攻め続けていきます!


-------観光ビザ(大人の35留学)-----------------

Taeko35歳カナダ留学
Taeko Kashiuda
出身地:鳥取県
年齢:35歳

観光ビザ


『私の大人35留学、こうして実現しています』
『資金面や仕事、タイミングで何もせず諦めていました。』
『人生楽しんだもの勝ち!』

Taeko35歳カナダ留学

Taekoスタイル3


-----渡航:2018年4月頃 -----

~ 観光ビザ ~

(渡航前:2017年9月頃)
妹がバンクーバー に6年住んでいるので最初は遊びに行こうかと思っていたのですが昔からぼんやりと海外に住んでみたい気持ちがあったので、ものすごく軽い気持ちでバンクーバー 行きを決意。1年くらいは住んでみたかったけどワーホリは使えないし、英語力ゼロなので学校行きながら働けるビザも難しいとの事なので資金のこともあり、ビジターで半年行くことにしました。学校選びは英語力ゼロの私にはよく分からずとりあえず書くより話す方重視が良いなと思ったのでちびかなだに相談して申し込みました。

(2018年4月)
4/4バンクーバー に到着し、翌週から語学学校がはじまるのでそれまでは色々なスーパーに行って値段チェック。身の回りの準備をしました。観光客気分で何もかもが新鮮!英語話せなくても見るのは楽しめました。が、スーパーのレジで、袋はいるのか?とかレシートは?とか何か色々聞かれているのだろうけどもさっぱり分からずとりあえず毎回その場のノリで乗り切る…

(2018年4月9日~)
到着から5日目に学校が始まりました。
クラス分けのライティング&スピーキングテストもさっぱり分からず…ちーん。。。。。
もちろん1番初心者クラスに決まりました!クラスメイトは日本、韓国、ブラジル、チリ出身男女合わせて12.3人で年齢も10代から60代くらい。夫婦で親子で留学したり、本国でお仕事をリタイアして留学したりなどなど期間も理由も様々。なるほどね~!日本じゃ考えてもみなかった理由が私にもう世界の広さを教えてくれました。いいね!!

(2018年4月16日~)
2週目からはペースがわかってきて授業も楽しく受けられる様になりました。不思議なものでお国は違っても同じくらいのレベルの英語力のクラスメイト達との会話(もはや文章にはなっていない英単語だけの会話)でも何故か分かり合えるもので授業も笑いが絶えずクラス中みんな仲良しです。そんなみんなとご飯食べに行ったり、送別会したり遊びに行ったりなど楽しく過ごせています。到着から15日目くらいにスーパーのレジで何言われているのかさっぱりだった店員さんの言葉が聞き取れてる事に気付いて、すっごーく嬉しかったのを覚えています!自分、話せないけど聞き取る事はなんとか出来たんだ~イェーイ‼︎となりました。

Taekoスタイル2

Taekoスタイル3

(2018年5月7日~)
今到着から1カ月ちょっと経ち、一週間前に1つ上のクラスにレベルアップする事ができました!まだ文章は間違いだらけ(多分ほぼ間違い)だけど来た時よりはすこーし話せるようになってきた気がします。始まったばかりの留学生活!もうあと5カ月しかない⁈まだ5カ月ある⁈ 英語力も含め自分がどう変化していくかが楽しみです‼

(最後にメッセージ)
私は昔から海外生活に憧れてはいたものの、資金面や仕事、タイミングなどで『私には無理だろな…』と何もせず諦めていました。そして日々に追われているうちにあっという間に20代が終わり、気がつけば30過ぎて、ワーホリも使えなくなっていました。こんな素敵な制度使いたかった~‼︎と嘆いても後の祭り。トホホ。でも今私は現に留学しています!軽い気持ちで行こうと決めたけどそれが20代の時には私に来なかった私のタイミングだったんだなと思っています。そして想像してたより実際来てみると気持ちも軽いし年齢もさして気にならないし(日本にいる時みたいにすぐ聞かれない)異国のお友達ができたり日々出会いが沢山。毎日学校に通うのも楽しいです!楽しさ満載です!ご飯もバンクーバー にいるだけで世界各国の料理が食べれて食いしん坊の私には嬉しい‼︎『気になったら動いてみよう』が私の好きな言葉です。人生1度きり、楽しんだもの勝ち!って本当なんだなと実感する毎日です。ってとりあえず私はもっと話せるように頑張りまーす‼︎


-------学生ビザ(大人の33留学)-----------------

●[ELS Vancouver ]
語学 アカデミック英語

Kanako33歳カナダ留学 Kanako Mori
出身地:大阪府
33歳
学校ビザ
一般英語→アカデミック英語 


「友達できるかな?なんて不安はすっかりなくなり、とても充実した留学になっています。」

Kanako33歳カナダ留学 Kanako33歳カナダ留学


約6ヶ月間、あっという間に過ぎてしまいました。バンクーバーに来る前は、友達できるかな?先生はいい人かな?など不安に思うこともあったのですが、ELSに入学してすぐに友達も出来て、そのおかげで学校生活もとても充実したものになりました。ELSには、日本、メキシコ、ブラジル、サウジアラビア、台湾、韓国、トルコ、ペルー、コロンビア、チリ・・・など本当に沢山の国からの学生がいたので新しい文化を知ることも楽しかったです。私は最初の1ヶ月間はGeneral Courseをとっていたのですが、Collegeに行くことを視野に入れAcademic Courseに変更しました。大きな違いはAcademicではEssayをしっかり書けるようになるよう勉強します。私は日本の大学にも行っていないのでEssayのことが全く分からない所からのスタートだったのですが、授業終わりに先生が色々なアドバイスをくれたり、私の書いた文章を何度も何度も何度も添削してくれました。大事なエッセイの前に「どう改善したらいいか?」というのを聞きに行ったら本当にすごく細かくアドバイスもしてくれました。ちなみに、先生はその時用事があったようなのですが、話が終わった後ダッシュで走って帰っていきました。とても嬉しかったです。学校でEssayの書き方を教えてもらっていたおかげで新しいCollegeの入学テストも一発で合格!!!することができました。このようにELSの良いところは先生です!!どの先生もみんな親切で親身になって接してくれるので、本当に数え切れないほどの質問を投げかけました。それでも、いつも丁寧に答えてくれたり、一緒に調べてくれたり・・・。一生この先生達に英語を習いたい!!と卒業する日は寂しくて号泣しました。本当にELSに出逢えてよかったです。


-------学生ビザ(大人の40留学)-----------------

●[LSI Vancouver ]
語学 一般総合英語

Tomoyo41歳カナダ留学 Tomoyo Yamazaki
出身地:群馬県
40歳
学校ビザ
一般英語


「若い年齢の人から私より年上の人もいました。素晴らしい仲間に出会えました!」

Tomoyo41歳カナダ留学 Tomoyo41歳カナダ留学


この学校に決めた一番の理由は「アットホームそう」だからでした。Misaさんと学校をどこにするか話し合っていた時、私のお願いした条件は少人数で日本人が少なく、できれば学費が安いところでした。自分の年齢も高かったので、あまりハイテンションな学校にはついていけなそうだな・・・と思ったのですが、Misaさんがいくつか出してくれた候補の仲にLSIを見つけ、学校の紹介ビデオを見たらとても良さそうだったので決めました。実際希望通り、日本人の数は少なく(2月、3月は少し増えます)学校自体も小規模でした。南米人の学生が多く、若い年齢の人から私より年上の人もいました。先生達もとても気さくな人たちが多く、学校が終わってから先生をまじえてPubに行ったり、何か困ったことがあれば親身になって相談に乗ってくれます。私はこの学校に入ったことで、とても素敵な先生と出会い、その先生のお陰で英語だけでなく人間として色々なことを学ぶことができました。そんな素晴らしいご縁を頂けたのも、LSIを選んだからこそであり、本当に心から満足しています!


-------学生ビザ(私の大人40留学プラン)-----------------

Tomoyo41歳カナダ留学
Tomoyo Yamazaki
出身地:群馬県
年齢:40歳

学生ビザ


『私の大人40留学、こうして実現しています』
『長年やりたかった海外留学をやっと実現! これから夏が来るのが楽しみです!』

Tomoyo41歳カナダ留学

Tomoyo41歳カナダ留学


-----渡航:2017年11月頃 -----

~ 学生ビザ ~

(渡航前:2017年6月頃)
友人から紹介されて、ちびかなだ留学説明会(東京会場)に参加する。

(渡航前:2017年7月)
学校を決めて、学生ビザの準備・申請をする

(2017年11月
11月10日Vancouver到着。高校時代の18年間Vancouverに住んでいる友人が、空港まで車で迎えに来てくれた。お昼頃到着したのでそのまま友人お勧めの飲茶のお店でランチ。その後、友人がダウンタウンに連れて行ってくれて、VBCEという両替所で(レートがいいとのこと)日本円を換金。夕方友人がホームステイ先まで送ってくれ、ホームステイ生活スタート。家族はホストファザーのイタリア系カナダ人、ホストマザーのカナダ人と犬が2匹。それと1年近くホームステイをしているロシア人の大学生の女の子がいた。日本で英語の勉強をしていたとはいえ、彼らの会話のほとんどが理解出来ず少し気が重くなった。

(2017年11月14日~)
語学学校スタート。初日はテストと面談を受け、次の日から本格的に授業に参加した。レベルはPre Intermediate 。クラスのみんなも優しく、特に南米系の生徒が多く日本人は私ともう1人の女の子だけで、学校全体でも日本人の数はとても少なかった。できるだけ日本人の少ない学校をMisaさんにお願いしたのでよかった。ただ、南米系の人たちとの文化の違いやテンションの違いになれるのには少し時間がかかった。けれどクラスメイトの人たちはとても親切な人たちばかりだったので、ひとまずほっとした。

Tomoyo41歳カナダ留学

Tomoyo41歳カナダ留学

(2017年12月)
Vancouverの冬は雨が多く、日照時間も短い。まだまだ生活にも英語にも慣れていないので、時々そんな天気の中落ち込むことも多かった。ホームステイは最初の1ヶ月と決めていたので、craigslistで家探しをするも、なかなかうまく進まなかった。ホームステイ先はノースバンクーバーだったので近所に自然がたくさんあり、散歩やランニングをして気分転換をした。クリスマスはホームステイ先のパーティに参加させてもらい、初めて海外のホームパーティというものを体験した!ホームステイ先に新しい学生も加わり、少しずつ色々な事が楽しくなってきた。

Tomoyo41歳カナダ留学

Tomoyo41歳カナダ留学

(2018年1月)
年が明けて学校の担任の先生が変わり、今までとは全く違う授業スタイルになった。クラスのレベルは変わらないけど、先生によって随分教え方が変わるものなんだなと実感。そして、この先生がとても素晴らしい先生で、この先生のおかげで自分の英語力も少しずつ伸びてきたと実感した。生活面では、結局1ヶ月で新居を見つけることができなかったので、ホームステイを少し延長し、やっと見つかった新居に移ることになった。ルームシェアはホームステイと違い自炊の生活。手間はかかるかれど自分の食べたい物を食べられるのはやっぱり嬉しい。

(2018年2月)
生活にも英語にもだんだんと慣れて来た。ただ、学校で仲良くなった友達が帰国していったり、少し寂しくなる機会もあった。

(2018年3月)
クラスのレベルがIntermediateに上がり、Preとの差に驚く。周りの生徒達のレベルも全然違う。けれど自分の英語力も変わっていることを実感できたので嬉しかった。休日は友人とBreweryに行ったり、天気の良い日も増えてきたので湖に行ったり。初めてのSt Patrick's Dayに参加したり、これから夏がくるので楽しみです!

Tomoyo41歳カナダ留学

Tomoyoスタイル3

(最後に一言)
長年やりたかった海外留学をやっと実現できたけど、最初の3ヶ月は楽しさよりも大変なことの方が多い日々でした。バンクーバーに来た時期が11月の中旬だったということもあり、日照時間は短いし雨は毎日降るし、英語も生活の仕方もわからないし、疲弊していましたが、徐々に自分の英語力もあがってきて、人とのコミュニケーションへのストレスも軽減してきて、やっと少しずつ日々を楽しめるようになってきました。あと、どんどん気候がよくなってきたので、それも伴っていたと思います。気候大事!もともと日本ではフリーランスの仕事をしているので、こちらには学生ビザで1年半滞在する予定で来ました。みっちり英語の勉強だけの生活で、そもそも学生生活を送ること自体何年振りかしら?っていうくらいなので、それだけでもとても新鮮です。英語だけに限らず、他の文化の人たちとの生活も、凝り固まっていた概念を柔らかくできる良いきっかけになっていると思います。正直この年齢で留学をするとは自分でも思っていなかったけど、ずっとやりたかったことの一つなので、本当にバンクーバーに来て良かったと思っています。それにやはり一番の財産はたくさんの人との出会い!まだまだ残り長いので、楽しみながら英語力を伸ばしていけたらなと思っています。語学は底なし沼だけど、やっぱり話せるってとっても楽しいな〜!


-------ワークビザ(私の大人留:移民計の為のIELTS)-----------------

●VGC

今は無事に移民になれました。
IELTSコース


IELTSカナダ移民

Miho Sumii
年齢 35歳
出身地:東京都
ワークビザ


「移民申請の為に必要なIELTS6.5を卒業時にはゲットできました!」

IELTSカナダ移民 IELTSカナダ移民

移民申請の為にIELTSのスコアが必要で、3ヵ月VGCへ行きました。最初はIELTSが何なのかも全く分からなかったのですが、クラス初日に先生ClaraがくれたIELTSについての大量のプリントにかなり助けられました。
Claraの授業は、自分の日常や体験談を交えながら進めていくので、楽しいとは言えないIELTSの授業も楽しく勉強できました。1ヶ月を過ぎた頃にレベルアップして、上のIELTSクラスにへ行きました。上のクラスは2週に1回学校で行われるIELTSの模擬テストで6.0以上とれた人ばかりが集うクラスのため、下のクラスから上がっていくと、とてもついていくのが大変でした。難しい単語で書かれた長文をスキミングやらスキャニングやらして問題を解く…クラスメートが先生の指定した時間内に終えるのに対し、私は文章を読み終わりもしませんでした。模擬の結果もReadingが落ちていく一方でしたが、先生Judeは適格なアドバイスをくれました。授業のスタートも毎日単語の復習からなので、苦手な単語も少しずつ覚えられました。
入学時はIELTS5.5でしたが、卒業時には目標のアカデミック6.5を無事に取得できました。
ClaraとJudeはTeaching Styleは違うものの、とても面倒見がよく、ヤル気もある生徒には最大限でサポートしてくれます。そして2人ともとてもフレンドリーで、今でも何かあれば相談にのってくれます。IELTSの目標スコアがとれた事も大きいですが、そんな先生たちに出会えた事も、この学校を選んで良かったなと思う理由の一つです。


-------観光ビザ(私の短期OL大人留学)-----------------

●KAPLAN

2週間の短期間
ESLコース


Tomoko34歳カナダ留学

Tomoko Nojima
年齢 34歳
出身地:東京都
観光ビザ


「2週間という短期のOK留学!観光とは一味違う大人留学スタイル!」

Tomoko34歳カナダ留学 Tomoko34歳カナダ留学


2週間の短期間でお世話になりました。ちびかなださんに、落ち着いて勉強できる学校、国籍の異なる人たちとのコミュニケーションがとれる環境をリクエストし、KAPLANとホームステイをご紹介して頂きました。滞在の感想は、一言で言うと”Heart warming" なものでした。
学校の仲間、先生達はとてもフレンドリーで親身になって話してくれましたし、ステイ先の22歳のパパもいつも笑顔で色々なことを教えてくれました。バンクーバーは外国人を受け入れるオープンな雰囲気があり、どこへ行ってもHAPPYに過ごすことが出来ます。海と街と山が近く、自然に触れられるのも魅力です。そんな街で出会えるステキな人たちと”話したい””伝えたい”と思うから自然に英語力もUPさせられると思いました。私は2週間という短期の留学でしたが、当初考えていた”英語を学ぶモチベーションを高める”という目的は十分に果たせたと感じています。ただ、1つ気づいたことは、当たり前ですが、”学ぶ”ということ自体が目的ではなく、コミュニケーションをとりたい気持ちがあるから学ぶんだということ。もっと色んな人とコミュニケーションがとれたら、、、それが楽しくて、英語を学ぶ意欲になるんだな、ということでした。そういったことに気づかせてくれたちびかなだスタッフの方々、バンクーバーで出会った人たちに心から感謝します。本当にありがとうございました。


-------学生ビザ(私のキャリアアップ大人留学)-----------------

●ILSC

語学習得後、医療英語で帰国後のキャリアアップを目指す
医療英語コース


医療英語40歳カナダ留学

Noriko Kiguchi
年齢 40歳
出身地:岡山県
学生ビザ


「世の中には知らない病気で苦しんでいる人もいるのかと新しい発見もあり、自分の興味がどこにあるか気付く機会になりました。」

医療英語40歳カナダ留学 医療英語40歳カナダ留学

カナダを訪れた時点での私の英語のスキルは、医療英語を受けるには不十分だったため、他のESLスクールに数ヶ月通った後、ILSCの医療英語コースを受講しました。
授業は午前3時間、午後は1.5時間、その後の1コマは選択授業なので自由に選択することが出来ました。私がクラスに入ったときはオフシーズンもあってか、生徒が私も含め3人しかいませんでした。私以外のクラスメイトは私より英語のレベルが上の人ばかりで最初はついていけるか不安でクラスを変えることも考えました。しかし、クラスの友人が私を励ましてくれ、クラスの人数が少ないこともありゆったりとしたペースで勉強することが出来ました。授業内容は専用のプリントを使い、ロールプレイを通して専門用語、医療者の言い回し、疾患について学ぶものでした。言葉自体が難しいので記憶するのが大変でしたし、発音も難しかったです。先生は発音を何度も何度も訂正してくれ、授業中に解らないことは、専門書やインターネットを利用して一緒に考えてくださいました。私が在籍中は、ブラジル、韓国、日本の生徒が主です。職種は、医学生、看護学生、看護師、薬剤師などでした。 私がクラスに入る前は、ブラジルからのドクターたちがたくさんいたそうです。毎週1回のプレゼンテーションでは、先生が一人一人にテーマをくれて、パワーポイントを使って発表し、その準備の段階から発音を教えてくれ、書いた文章の添削をしてくれたりととても為になりました。週1回のプレゼンテーションは大変でしたが、本当に自分のためになりました。その疾患に特化しますが、カナダの症例数、診断方法、治療の考え方を自分でリサーチしてまとめるのは面白かったです。世の中には私の知らない病気で苦しんでいる人もいるのかという新しい発見とともに、自分の興味がどこにあるかについて気付く機会になったと思います。受講して良かったと思います。


-------学生ビザ(私のキャリアアップ大人留学:児童英語教授)-----------------

●[旧:KGIBC](King George International Business College)

TESOL for basic, TESOL for childrenコース

Junkooomori写真1

J.O
出身地:徳島県
年齢:55歳
観光ビザ


『日本で塾講師。小学生の教授法を学ぶ為にこのコースを受講しました』

『日本に戻ってから、自分自身の授業が大きく変わりました。』

Junkoo写真2 junkoo写真3

KGIBCでは最初の1か月は基礎を学び、次の1か月は専門コースで学びます。私は日本で塾講師をしていて、小学生の教授法を学ぶためにTESOL for childrenを受講しました。テキストも講師も素晴らしく、充実した授業で効率よく学びました。クラスは11人の少数精鋭で、20歳代~30歳代の韓国人、メキシコ人、日本人でした。現職の英語講師よりも、教育学部の学生、転職希望などこれから英語講師を目指す人たちの方が多かったです。基礎、専門コースそれぞれ、プレゼンが6回、筆記テストが2回あります。1つのプレゼンが終わると、すぐ次の準備に入り、時にはプレゼンの準備をしながら筆記テスト勉強もする週もありました。授業はどんどん進んだので、放課後は学校に残ってその日の復習をし、帰宅して宿題をするという生活で12時前に寝られる日はあまりありませんでした。週末の土曜日はゆっくり寝て午後は観光しましたが、日曜日は勉強をしていました。先生方は授業開始前、放課後、また帰宅後や週末はメールでわからないところを丁寧に解説してくれて、さらにプレゼンの時はビデオ録画してくれたので、自分の弱点がよくわかりました。Intensiveでペースの早い授業でしたが、テキストと自分のプレゼンの準備から学び、さらに自分が生徒の立場になることで、先生の授業の仕方からも多くを学びました。10年前に通信教育でイギリスの大学院のTESOLを修了していましたが、直接指導を受けることでやっとTESOLを理解できたように思います。

Junkoo写真2 junkoo写真3

KGIBCのテキストも先生も素晴らしいですが、コピー機がカラーコピーできないため、特にchildrenのプレゼンでは印刷物に色を塗る作業に時間がかかりました。またlibraryと言っても廊下に本棚1本置いているだけで、本も全然足りません。ダウンタウンの書店や図書館に行ってプレゼンのテーマを探すのに時間がかかりました。この設備がもっと充実していたら勉強しやすい環境だったと思います。日本に戻ってから、自分自身の授業が大きく変わりました。TESOL for childrenで勉強したことを、塾の小学生クラスだけではなく、中学生、高校生クラスにも応用しています。KGIBCで学んだことはさっそく役立っています。


-------観光ビザ(ホームステイシニア留学授)-----------------

Hiroyukinishizonoホームステイ写真1

Hiroyuki Nishizono
出身地:栃木県
年齢:60歳
観光ビザ


「私は150人目の学生。ホストは20年の経験がありプロ。」
「総評として、問題なく快適に過ごせた。」

Hiroyukinishizonoホームステイ写真1

Hiroyukinishizonoホームステイ写真2

私のホストは、私でおよそ150人目の学生とのこと。20年の経験がありプロ。
場所はウエストバンクーバー。はじめの頃は学校まで約1時間かかり、坂道が急。毎日、帰りは登山?変えてもらいたいと思ったこともある。70代のカナディアンとベルギー人夫婦に未婚の男の子が一人(一男二女は既婚別居)。学生は私ともう一人(ブラジル人)。
夕食は、ローストした、牛、鳥、豚、サーモンが主体。たまにパスタ。サラダもボイルしたものが多かったが、生野菜もたまに出る。
夕食は、幾つか学校の質問を受けながら同席して食べる。朝食はセルフでパンを焼き、牛乳、コーヒー、ヨーグルト。
ランチは、サンドイッチを作ってくれるので、それを学校で食べる。部屋は個室、ベットはキングサイズで、机、書棚、クローク、スタンドなど必要なものは揃う。バス・トイレは共用でバスはシャワーのみ。フロが恋しくなる。私が来た4月、5月はまだ寒く、厚着をして寝た。
やがて通学の坂道も乗り換えればバス路線のあることを知り、且つ、毎朝坂の上からの景色を楽しめるようになった。総評として、問題なく快適に過ごせたと思う。


-------観光ビザ(ホームステイシニア留学授)-----------------

Tadashiホームステイ写真1

Tadashi Ogata
出身地:愛知県
年齢:65歳
学生ビザ


「私と歳が近く、趣味がウォーキングと同じような趣味で良かったと思っています。」

Yukoホームステイ写真1

Tadahiホームステイ写真2

私は4月23日(水)にバンクーバーに到着、空港で迎えの車で「ちびかなだ」事務所経由ホームスティ宅に送ってもらいました。ホームスティ宅に15:30過ぎに着き、ここの娘さんが出迎えてくれました。
ここの家は写真のように、一見にして特徴あるデザインですぐ解りました。ここのご主人は建築の設計(デザイン)を手掛け63歳、奥様はスイス人で私65歳と近く、趣味がウォーキングと同じような趣味で良かったと思っています。また、ホームスティ宅と海(湾)は約100mと近く、家からも見ることが出来、まさに日本の避暑地で生活するような感じがしました。
リビングが2階にあり、私はこのリビングからの山や海の景色を見るのが好きです。

ここでの料理はメニューが豊富で奥様がスイスで育った環境がイタリア、フランスなど料理に反映していろいろのメニューを出してくれます。カナダ人の旦那様は良く働くと言った感じがします。
奥様が月、水、金とパートで働いているからかもしれませんが、夜料理を奥様が作ると食器の片づけや食器の洗浄機への収納はすべて旦那様が行います。また、1階の2部屋が改造中で、土・日曜などにご主人がこつこつと作業しています。

tadashiホームステイ写真3

tadashiホームステイ写真3

私の部屋は一階にあり、4畳半の1室に机、椅子、クローゼント、本棚とダブルベット。
風呂とトイレは同じ一部屋で私の部屋の隣にあります。ご夫妻の寝室は3階にあり、風呂は別にあるようです。
なお、日本の湯船はなく、シャワーで済ましています。洗濯は週2回、ローンドリー兼バイラー室で洗濯、脱水、乾燥してくれ同室内で干しています。 私は、朝5:30ごろまでに起き、パソコンにスウィッチを入れ、スカイプ、メールのチェックをしています。 これは日本時間の22:30となり、家族とのやり取りのためと、朝の準備のためです。 朝食は6:45に2階の台所でトースト4枚にバター、ジャム等をつけ、台所の横テーブルでチーズ、お茶で食べています。 昼は弁当をお願いしており、冷蔵庫の昨夜の内に用意してあり、自分で取り出して持ってゆきます。 ホームスティ宅を出掛けるのは7:30.歩いて7分バス停からバス(始発)で街に通学しています。 所要時間1時間(バス)徒歩15分のLSI校(Language Studies International Ltd)に通っています。 平日は月~金曜日9:00~16:00(金曜日は午前中(~12:40)のみ授業) 「ちびかなだ」に寄ったりして、帰宅時間は18時過ぎ、夕食は19時過ぎ、 19時には家に着けるようにし、遅れる時は電話をいれています。

ここの旦那様はここカナダで育っていますが、ホストマザーは30歳頃スイスから
カナダに来たようで、とても語学への関心や自分も外国語として英語を習得したこともあって、夕食時に今日の学校の出来事など聞かれますので、夕食に臨む前に何の話をしようかと考えます。
 ここのホストファミリーは雰囲気が良く、フレンドリーなご家庭で大変良かったと思っています。